これは何!?昭和遺産・銀座のカプセルタワービルに潜入 廃墟マニア注目も内装はポップ|よろず〜ニュース

これは何!?昭和遺産・銀座のカプセルタワービルに潜入 廃墟マニア注目も内装はポップ

北村 泰介 北村 泰介
首都高沿いにそびえる中銀カプセルタワービル=東京・銀座
首都高沿いにそびえる中銀カプセルタワービル=東京・銀座

 ありゃ何じゃ?東京は銀座8丁目、首都高のそばにSF映画さながらの建物がそびえている。建築家・黒川紀章氏の設計で、1972年に建てられた集合住宅「中銀(なかぎん)カプセルタワービル」だ。カプセル部分の室内では個性的な人たちが日々を過ごす。その中の1人、コスプレDJにして2児の母である「声(こえ)」さんの部屋を訪ねた。

 廃墟マニアにも注目される外観とは対照的に、声さんの部屋は白で統一されたポップな内装だった。大きな円窓を背にターンテーブルが2台置かれ、周囲にはアニメや特撮映画のレコードや怪獣のフィギュアなどが整然と置かれている。床面積は約10平方メートル。ユニットバスは物置き代りとし、飲み物を冷やすワインセラーも備える。秘密基地にいる感覚になった。

 声さんは広島県呉市の出身。漫画専門店「まんだらけ」のコスプレ店員として話題になり、写真集やDVDをリリース。近年は「マタンゴ」や「ジャングル黒べえ」などのコスプレでアニメや特撮などのレコードを回すDJとして活動する。カプセルタワーには2018年からセカンドハウス的に入居。「この部屋でDJの練習をし、コロナ禍の前からツイキャスでライブ配信しています」という。

 上京当初から気になる建物だった。3年前に家族と訪れた名古屋のレゴランド・ジャパンで同ビルを再現した作品を見て思いが再燃。「中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト」代表の前田達之さんが所有する部屋を現在はマンスリーの家賃9万円(光熱費込み)で借りている。

 黒川氏が「メタボリズム(新陳代謝)建築」として設計したビルは、2本のシャフトに計140個のカプセルが取り付けられている。そのうち15個を所有する前田さんは当サイトに「世界初のカプセル型住宅で、カプセルを交換することができるメタボリズム思想の発想がいまでも斬新。この建物が引き寄せる個性の強い住人が面白い」と魅力を語る。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース