宇宙人、人間に見つかる前に絶滅していた!? NASAの科学者らに新説が浮上

海外エンタメ 海外エンタメ
画像はイメージです
画像はイメージです

 宇宙人は人間に見つかる前に、絶滅していたかもしれないという説が浮上している。NASA(米航空宇宙局)の科学者らの中で、宇宙の歴史の中で地球外生命は存在していたものの、人間と出会うまで生きながらえることができなかった可能性があるとの考えがあることが分かった。

 ある宇宙人は小惑星の衝突で、また別の宇宙人は気候変動のような要素で自滅した可能性があるそうで、NASAの研究にはこう書かれている。

 「生命の証拠は私たちの銀河一つを取っても大量に存在するべきです。しかし実際には、私たちの惑星を超えて何かの存在を明確に証明した研究はありません」「では彼らはどこにいるのか?地球以外の宇宙の静寂が示すことは、人間の限界と止まらない好奇心のパターンを表しています」

 一方、NASAの研究者らは、人間が宇宙への探索、宇宙人捕獲をさらに進めていくことで、存在が危ぶまれる災害が待ち構えているかもしれないとも警告していた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース