韓流グループ「Rocket Punch」初本格来日でドンキ・一蘭・109を大満喫 たこ焼き屋開店構想も!?

今井 佳奈 今井 佳奈
「ギャルピース」でポーズを決めるRocket Punchの(後列左から)ダヒョン、ジュリ、スユン、(前列左から)ユンギョン、ヨンヒ、ソヒ、=吉本興業大阪本社(撮影・石井剣太郎)
「ギャルピース」でポーズを決めるRocket Punchの(後列左から)ダヒョン、ジュリ、スユン、(前列左から)ユンギョン、ヨンヒ、ソヒ、=吉本興業大阪本社(撮影・石井剣太郎)

 2019年8月に韓国でデビューした6人組ガールズグループ「Rocket Punch(ロケットパンチ)」が日本1stシングル「Fiore」を6月29日に発売し、日本デビュー後初めて来日した。メンバーで元AKB48の高橋朱里ことジュリ(24)にとっては初の本格凱旋。韓国メンバーのヨンヒ(21)、スユン(21)、ユンギョン(20)、ソヒ(18)、ダヒョン(16)と、約3週間滞在した日本の思い出を語った。

 昨年8月の日本CDデビュー時はコロナ禍で来日できず、日本での本格的な活動は今回が初めて。東京と大阪でイベントを行い、日本のファンと対面を果たした。リーダーのヨンヒは「(ファンが)応援するプラカード(うちわなどのメッセージボード)を韓国語で作ってくれて、韓国語を勉強してきて話してくれたのが本当にうれしかったです」と喜んだ。

 メンバーは全員、流ちょうに日本語を話す。韓国の活動で韓国メンバーが日本出身のジュリをサポートするように、日本ではジュリが他のメンバーの会話を手助けしている。「(日本で)メイクさんに『みんなジュリちゃんみたいに話すね』と言われました。みんな耳がいいので、ニュアンスをそのまま覚えちゃうんですよね」とジュリ。「確かに」などの口癖や、「あのさー」「これさー」と語尾を伸ばす話し方がメンバーにうつっているという。スユンが「みんなそんな感じで似ています。ギャルみたい」と話すと、ジュリは「ギャルではない(笑)」とつっこんだ。

 日本では仕事の合間に観光も満喫した。最年少のダヒョンはSHIBUYA109に「楽しくて、2回行きました」と笑顔。「白い鳥の姿をしたカバン」を一目ぼれでゲットした。ダヒョンと2人で渋谷に行ったヨンヒの目的は「一蘭」のラーメン。自ら路線バスを探し出して向かったという。

 ユンギョンはメニューが複雑なカフェ「ゴンチャ」で日本語で注文にトライ。氷の量や甘さなど選択肢がたくさんあるため「めっちゃ緊張しました」。購入したのは定番商品の「タロミルクティー」で、「難しいから普通のものにしました」とおちゃめに話した。ソヒは「ドン・キホーテ」での買い物を楽しんだといい「今つけているレンズ(カラーコンタクトレンズ)はドンキで買ったもの」と、メンバーに見せていた。

 ジュリに勧められ「築地銀だこ」のたこ焼きを食べたスユンは、他のメンバーを連れて再訪するほどハマったという。インタビュー中、「私たちが(店を)やろうか、と思うくらい本当においしかった」と話すスユンに、ソヒが「ロケッたこ」とグループ名と掛け合わせた店名候補(?)をつぶやくと、メンバー全員が大爆笑で盛り上がった。

 韓国デビューから約3年。ジュリは「歌番組が1週間に6回ある」という韓国での活動は、CD発売のたびに「3週間くらい毎日、歌番組に出るというのがメイン」だったと振り返り、「次の(来日の)機会では、ファンミーティングをしたり、歌番組に出たり、たくさんの人が会いに来たいと思うきっかけになるものにもっとたくさん出たいと思います」と先を見据える。ソヒとスユンは「ディズニーランドでゲリラライブをやりたい」と目標を掲げていた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース