有村架純 肩あらわなワンショルダードレス オリンピアンと美の競演|よろず〜ニュース

有村架純 肩あらわなワンショルダードレス オリンピアンと美の競演

デイリースポーツ デイリースポーツ
 「GQ MEN OF THE YEAR 2021」を受賞した有村架純(中央)。左は阿部詩、右は野口啓代=東京アメリカンクラブ(撮影・堀内翔)
 「GQ MEN OF THE YEAR 2021」を受賞した有村架純(中央)。左は阿部詩、右は野口啓代=東京アメリカンクラブ(撮影・堀内翔)

 女優の有村架純(28)が24日、都内で行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2021」のフォトコールに出席。サーフィンの都筑有夢路、柔道の阿部一二三・詩兄妹ら今をときめくオリンピアンたちと美の競演を果たした。

 有村はメン・オブ・ザ・イヤー・ベスト・アクトレス賞を受賞。肩をあらわにしたシルバーのワンショルダードレス姿で「普段現場で毎日過ごすことが多く、こういう場所に訪れるのは非日常感があってすごく緊張します」とはにかんだ。

 映画6本、ドラマ2本と大活躍の今年を「自分の中でも意味のある作品に携わらせて頂くことが多かった」と回想。来年への目標を「個人的にも挑戦する役柄や作品もあるので、まずはそちらを一つ一つ丁寧に乗り越えていければと思います」と成長を誓った。

 オリンピアンたちも各競技の“勝負服”ではなく、華やかにドレスアップして登場。透け感のあるブラックドレス姿の都筑は「こんなにすてきなドレスとメークアップされて、お姫様気分。今まで頑張って良かったと思います」と普段のウェットスーツとは違う姿に終始ルンルンだった。

 東京五輪を最後に引退したスポーツクライミングの野口啓代さんも登場。光沢感のある黒のベロアドレス姿で「憧れの賞をいただいて光栄」と喜び、東京五輪で銅メダルを獲得した1年を「現役引退の年だったので、クライミング人生の集大成となる年になった」と充実感を漂わせた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース