アンジェリーナ・ジョリー 多すぎるNGが原因?3度目離婚後は恋人なし|よろず〜ニュース

アンジェリーナ・ジョリー 多すぎるNGが原因?3度目離婚後は恋人なし

海外エンタメ 海外エンタメ
アンジェリーナ・ジョリー
アンジェリーナ・ジョリー

 女優のアンジェリーナ・ジョリー(46)は、デートの相手に関しては、こういう人はダメという長いリストがあるという。アンジェリーナには、マドックス(19)、パックス(17)、 ザハラ(16)、そして前夫であるブラッド・ピットとの間にもうけたシャイロ(14)、双子のノックス&ヴィヴィアン(12)と6人の子供がいるが、自身のパートナーに対して注文が多いため、長いことずっとシングルだそうだ。

 デートする新しい男性を探すのに、これはノーだというリストはあるかとE!ニュースに聞かれたアンジェリーナは「こういう人はダメというノーの長いリストが多分あるの。なので長いことシングルよ」と答えた。

 また子供たちについて、全員賢く小さいことを心配する必要はないのでありがたいとアンジェリーナは続ける。「私には6人の優秀な子供達がいる。勿論、朝起きて『大丈夫かちゃんと確認しなくちゃ。彼らが精神的にも大丈夫かを』と感じるけど、正直言うと、何年か前に逆になって、彼らが『ママが大丈夫か確認しなきゃ』って考えるようになった」「私達は素晴らしいチームよ。私はとてもラッキーだわ」「心配してしまうのはいつも私だけど、彼らのことに関しては心配していない。クールな人間達だから」

 そんなアンジェリーナは、10年ぶりのアクション映画となる新作『ウィッシュ・ミー・デッド』でPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苛まれている消防士のハンナ・ファーバーを演じているが、とても癒された経験であったと最近明かしていた。「私は、何かをくぐり抜けて壊れてしまい、それから前へ進む道を見つけ克服する人々に引き寄せられる。アーティストとして、このような人々を演ずるのはとても癒されること。彼女はとても癒してくれる役だった。とても壊れてしまった後に、また立ち上がるから。ハナは深く罪の意識を抱えている、とても壊れてしまった人間なの」

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース