「あの娘たずねて」演歌歌手の佐々木新一さんが死去 艶やかなハイトーンボイスで人気

よろず~ニュース編集部 よろず~ニュース編集部
佐々木新一さん 「別れの港」の宣材写真より
佐々木新一さん 「別れの港」の宣材写真より

 1966年に大ヒットした「あの娘たずねて」で知られる演歌歌手・佐々木新一さん(本名:佐々木新市)が12日午前4時ごろ、胃がんのため死去した。75歳。キングレコードが発表した。通夜・葬儀は15日に家族葬で行われる。喪主は妻の佐々木幸恵さん。「誠に勝手ながら、ご会葬・ご香典の儀はご辞退申し上げます」としている。

 津軽三味線奏者の父と民謡歌手の母を持つ佐々木さんは1963年、高校二年生で上京し、作曲家・故櫻田誠一の門下生になった。65年にシングル「若さの世界」でデビュー。翌年には「あの娘(こ)たずねて」が大ヒットした。その後も「リンゴの花が咲いていた」「君が好きだよ」などがヒット。つややかで伸びのあるハイトーンボイスで人気を博した。 

 2011年には「里ごよみ」が久々のスマッシュヒット。12年には鏡五郎、池田輝郎とともに中年男性演歌ユニット“佐田鏡五一郎”を結成し、話題を呼んだ。16年に胃がんが発覚して以降も、治療を続けながら精力的に活動を続けた。18年5月発売の「別れの港」が最後のシングルになった。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース