都会の心霊現象「天井から白い手」だけではなかった!「鈴の音」「お香」「鏡から水」も記録|よろず〜ニュース

都会の心霊現象「天井から白い手」だけではなかった!「鈴の音」「お香」「鏡から水」も記録

北村 泰介 北村 泰介
稽古場で体を動かす劇団員たちの頭上に、天井から降りてきた「白い手」が確認された。「目視で撮影された」という(提供・木原浩勝氏)
稽古場で体を動かす劇団員たちの頭上に、天井から降りてきた「白い手」が確認された。「目視で撮影された」という(提供・木原浩勝氏)

 「心霊現象」が録画、録音機器の高性能化によって「証拠」として記録されている。心霊映像撮影に挑んできたシリーズ中でも最大の問題作となった「怪談新耳袋Gメン ラスト・ツアー」(2021年公開)上映イベントが9月下旬に都内で行われ、本編ではカットされた「天井から降りてくる白い手」を含めた数々の秘蔵映像が公開されたが、そうした視覚で捉えられる現象だけでなく、聴覚、嗅覚、触覚に訴えかける複数の不思議な怪異現象も提示された。現代の怪談を収録した「新耳袋」シリーズの著者で怪異蒐集家の木原浩勝氏、イベントを主催したニュースサイト「トカナ」の角由紀子編集長らがよろず~ニュースの取材に対し、実体験を通じて証言した。

 「白い手」が記録されたのと同じ都内にある芸能プロダクションのスタジオ(稽古場)で、さまざまな現象が10人以上もの人のいる中で記録された。

 嗅覚で認知されたのは、突然漂ってくる「お香」だった。その場で体感した角編集長は「匂いが瞬時にスタジオ全体に広がって、一瞬で消えた」と振り返る。木原氏は「煙すら見えない中、マスク越しに匂った。その上、感染予防対策用の空気清浄機が動いている中で、こんなに香るものだろうかというくらい。しかも、それが一瞬でなくなる」と付け加えた。撮影時だけでなく、稽古場では普段から複数の劇団員らが繰り返し、この匂いを体験したと証言している。

 続いて聴覚に訴えかけた「怪」がある。稽古場に「鈴の音」が鳴り響いてくるのだ。実際に録音された中でも最大音量の「鈴の音」が公開された。木原氏は「定点カメラで2時間撮影した映像の中、最初の1時間のうちに、鈴の音だけで45回あった」と説明。映像を確認すると、「チャリン、チャリン」と、お遍路さんが道を行くような音がしており、バックには「ゴー」という音が響いていた。

 その上、信じがたいほどに、水が鏡からほとばしる現象も撮影された。鏡がはめ込まれた壁の隙間のようなところから次々と水が噴き出してくるのだ。もちろん、薄い壁に配管はない。角編集長は「鏡から出る『聖水』というか、シャーっという音がすごかった」と証言。視覚、聴覚、さらには触覚…つまり、水を手で触って感じられる物理的現象があった。角編集長は「あとから考えたら、なめとぎゃよかったです」と、味覚というさらなる体験の可能性も指摘した。

 一方で「現われては消える人体」の映像も捉えられた。映画「女優霊」や「リング」シリーズの脚本を手掛け、「霊的ボリシェヴィキ」などホラー映画の監督である高橋洋氏はゲストとして参加し、これら全ての映像を確認した。高橋氏は「スマホで撮影された手首の映像だけでも米軍(国防総省)が発表したUFO映像くらい衝撃的なものですが、この定点カメラが捉えた人間の体をしている映像もすごい。女性のように見えますね」と驚きを隠さない。

 木原氏は「(この場所を使用している)プロダクションのY社長の証言によると、このビルのエレベーターに現われる人と同一人物だそうです。レインコートのようなものを着て、青い長靴を履いて、その足元に水たまりをつくってエレベーターの右端に立っている。目は光っているかのようなのに、顔は陥没した状態で真っ黒です」と説明。角編集長は「スタジオだけでなく、あのビル内のお店やエレベーターで幽霊の目撃例が複数ありました」と付け加えた。

 木原氏は「記録媒体が長時間撮れることによって、『ここまでのものが映るとは思わなかった』という証明映像をうっかり撮ってしまえる時代がやってきて、怪異体験談に『裏付け』が登場する時代になった。この世には『本物の怪』があるということを共有できる」と手応えをつかんでいた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース