Suchmosのベース「HSU」小杉隼太さん死去、32歳 18年に紅白出場 「未だ現実を受け止めきれない状況」|よろず〜ニュース

Suchmosのベース「HSU」小杉隼太さん死去、32歳 18年に紅白出場 「未だ現実を受け止めきれない状況」

よろず~ニュース編集部 よろず~ニュース編集部
Suchmosのベーシスト・HSUさん
Suchmosのベーシスト・HSUさん

 6人組のロックバンド・Suchmos(サチモス)のベーシスト・HSUこと小杉隼太さんが亡くなったことが15日、分かった。32歳。死因は明らかにされていない。葬儀はすでに近親者によって執り行われたという。バンドの公式ホームページが発表した。

 同サイトでは10月15日の日付で訃報を伝えた。その上で、「バンドは現在活動休止中ですが、HSUは様々なアーティストをベーシストとしてサポートし、また自身のプロジェクトを立ち上げ、楽曲の制作活動を前向きに取り組んでいました」「メンバー、スタッフ共に、未だ現実を受け止めきれない状況で、戸惑い悲しんでおります」と悲しみをつづった。

 HSUさんは2019年に腫瘍が見つかり、摘出手術を受けたという。その後は回復に向かっているとされていた。

 Suchmosは13年に結成された。「VOLT-AGE」が18年のサッカー・ロシアW杯のNHKテーマソングとなり、同年大みそかの紅白歌合戦にも初出場した。今年2月には、一時的な活動休止を発表していた。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース