「破壊する猫」のイラストが話題に 作者が語った“かわいい“と“特撮”が融合した世界|よろず〜ニュース

「破壊する猫」のイラストが話題に 作者が語った“かわいい“と“特撮”が融合した世界

近添 真琴 近添 真琴
話題の「破壊する猫」シリーズ
話題の「破壊する猫」シリーズ

 「ゴジラ」や「ウルトラマン」のような特撮作品の定番といえるのが、街や建造物の破壊シーン。一説によると、皇居以外の日本の著名な建造物は、その多くが怪獣たちの被害を受けたことがあるという。

  だが、都市や建築物を粉砕するのは怪獣ばかりではない。今、イラストレーター・ぴよぱんの「破壊する猫」シリーズが話題となっている。「破壊する猫」のイラストがTwitterやInstagramで公開されると、いいねやコメントが多数寄せられているのだ。

  「破壊する猫」は、その名の通り、猫のキャラクターが街並みや建造物をメチャクチャにしているイラストだ。もちろん猫は巨大で、狙われた街は壊滅的な被害をまぬがれない。ところが、そんな破壊力を持った猫が、白くてモフモフした癒し系キャラとして描かれているのが特徴だ。そのかわいい猫と破壊のギャップが、ユーモラスでほっこりした雰囲気を醸し出している。猫は、東京タワー・秋葉原・浅草・道頓堀など日本各地に出現している。

  今回は、「破壊する猫」シリーズの作者・ぴよぱんに、作品へのこだわりなどについて聞いた。

  ――かわいい猫と破壊という意外な組み合わせを描き始めた、きっかけをお聞かせください。

  ぴよぱん「元々、漫画『AKIRA』のようなリアルな絵が好きだったんです。とくにビルが破壊されるシーンには影響を受けました。その一方で、リラックマのようなかわいいキャラクターのイラストも好きなんです。その両方を組み合わせて『破壊する猫』ができました」

  ――いつ頃からイラストを描いていますか?

  ぴよぱん「子供の頃から漫画家になるのが夢で、暇さえあればずっと絵を描いていました。社会人になってからも趣味でコツコツ描き続けていたのですが、なかなか結果が出ませんでした。ちょうどその頃から、SNS発信で話題になるクリエーターの方が増え、少しでも可能性があるんだったら自分もやってみたいと思い、SNSでイラストの投稿を始めました。

  ――今後、猫に破壊させたいものはありますか?

  ぴよぱん「今後は世界の建物なども破壊していきたいです。自由の女神とかモンサンミシェルとか……。でも、まだまだ日本にも素敵な場所がいっぱいあるので、もっとリサーチしていこうと思っています!」

  ――今後の目標などをお聞かせください。

  ぴよぱん「今後は『破壊する猫』をより多く方に知って頂けるよう、様々な活動をしていく予定です。デザインフェスタなどの即売会にも参加してみたいです。ポストカードも近々販売しますので、ご興味ある方は是非チェックをお願いします!」

 ぴよぱん@イラストレーター Twtter https://twitter.com/earth_cinema

 ぴよぱん@イラストレーター Instagram https://www.instagram.com/piyopan_1986/

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース