三上悠亜 が独白 “人生の転機”となった文春砲、グループに迷惑「悪いと把握できたのは大人になって」|よろず〜ニュース

三上悠亜 が独白 “人生の転機”となった文春砲、グループに迷惑「悪いと把握できたのは大人になって」

澤田 英延 澤田 英延
6周年を迎えた思いを語った三上悠亜=都内(撮影・金田祐二)
6周年を迎えた思いを語った三上悠亜=都内(撮影・金田祐二)

 2015年6月にデビューし、6周年を迎えたセクシー女優・三上悠亜(27)。アイドル以上に寿命が短いとされる業界で、長くトップを走ってきた。アパレルブランド「miyour’s」のプロデュースを行い、SNSでは総フォロワー数が600万人以上…女性からの人気も着実に増えてきてた。前回の自身の今後、SNS、母親との関係などに続き、今回は人生の転機ともなった“あのこと”を聞いた。

 三上は名古屋を拠点にした国民的アイドルグループに所属していたが、人気グループの男性アイドルと一緒にいたところを「週刊文春」にキャッチされた。

 -やめるきっかけは文春砲だった。

 「ちょうどグラビアのお仕事をいただき始めて、わたしの居場所はここにあるかもしれないって思い始めた矢先に不祥事。それから個人の仕事は一切なく、全員での仕事だけ。例え人気を取り戻したとしても過去は残るし、アイドルとしては終止符を打とうと。それで、自分でできることを探して1年くらい。『やめます』って言ったら誰にも止められなかった。『あ、そうですか』みたいな。ただ、『やめてください』と宣告されたことはなかったですね」

 -AV出演を決めてからやめたんですか

 「出演を決めたのはやめた後です」

 -文春砲はどんな感じでした。

 「家の前で待ち伏せされてて、いろいろ質問されて。バスに乗ったんですけど、普通に名古屋駅にも記者がいて。東京駅に行っても、どこに行ってもいる、みたいな」

 -率直な気持ちは。

 「バレたんだ…って。その直前に『FRIDAY』に同じ内容で撮られたんですけど、顔は伏せられてた。その1、2週間後に改めて文春に。『FRIDAY』の時点でもう心臓バクバクでした。ただ、その時は今ほどSNSが発達してなくて、誹謗(ひぼう)中傷される場も少なかった。まだマシな時にスキャンダルがあったのかなって」

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース