バットウーマン女優 顔がじんましんだらけ 降板の原因はアレルギーだった|よろず〜ニュース

バットウーマン女優 顔がじんましんだらけ 降板の原因はアレルギーだった

海外エンタメ 海外エンタメ
 人気ドラマ降板の背景を明かしたルビー・ローズ
 人気ドラマ降板の背景を明かしたルビー・ローズ

 2020年5月、バットウーマンことケイト・ケイン役からわずか1シーズンで降板していたルビーが、今になってその理由について口を開いた。

 オーストラリアのラジオ番組出演時、ルビーはこう話している。「ラテックスのアレルギーだってことが分かったの。残念なことに、私のマスクはラテックス製だった」「最初は『ちょっとかゆい』って感じだったんだけど、どんどんひどくなって」「マスクを取ってみたら顔がじんましんだらけだった」

 しかし昨年、降板理由について語った際には、新型コロナウイルスによる影響で、制作を予定よりも早く終了しなければいけなくなったことが大きな理由であるとされていた。「シーズン1を終えることもできなかったのは残念だった。それでコロナの隔離生活が始まって、みんな色々よく考えることになったでしょ」「それで話し合った結果、お互い別の方向性に向かっているから(自分が降板するのが)番組にとって最善だってことでお互い同意したのよ」とその際は話していた。

 同番組ではシーズン2からケイト・ケインの代わりにジャヴィシア・レスリー演じるライアン・ワイルダーが主役になっている。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース