梁田清之さん死去 「SLAM DUNK」共演の置鮎龍太郎が追悼 古谷徹、松本梨香、ゆかなも

よろず~ニュース編集部 よろず~ニュース編集部
写真はイメージです(provk/stock.adobe.com)
写真はイメージです(provk/stock.adobe.com)

 人気アニメ「SLAM DUNK」赤木剛憲役などで知られる声優・梁田清之(やなだ・きよゆき)さんの訃報が21日、親交のあった声優・真殿光昭が自身のツイッターで伝えた。これを受け、梁田と共演した声優たちが自身のツイッターで追悼した。

 梁田さんは1965年5月10日生まれ。東京都出身。アニメ「バツ&テリー」でデビューした。赤木以外にも「名探偵コナン」のアンドレ・キャメル、「コードギアス 反逆のルルーシュ」シリーズのアンドレアス・ダールトン、「機動戦士ガンダムF91」のザビーネ・シャル役、「絶対無敵ライジンオー」篠田俊太郎も務めた。アニメ以外に「バーチャファイター」の鷹嵐などゲームの声優としても活躍した。

 「SLAM DUNK」三井寿役で共演した置鮎龍太郎は「ああ、涙が止まらなくなってきたから、ちょっと呑んで帰るわ。 早すぎるんですよ」と思いを吐露。「先日収録した『アイアンリーガー』オーディオコメンタリーで、かなりゴールドアーム(cv 梁田清之さん)について触れたところだったんですよ。G3兄弟のコメンタリーや登壇見たいって話したとこだったんですよ。謹んでお悔やみ申し上げます。手元にある台本にもお名前あるのになぁ。つらいわ」と心境を述べ、「バスケットの方もね。梁田さんが演じる赤木と同じ学年でタメを張らなきゃ行けない、呼び捨てにできる心の距離感で。とか、役作りに大きく影響を与えてくださいました。他にも沢山沢山。有り難うございました。ずっと忘れません」と続けた。

 「名探偵コナン」安室透役の古谷徹は「信じられない、ショックです。無口で照れ屋で、一生懸命演技していた姿が浮かぶ。唯一無二のいい声、業界にとって大きな損失です」と惜しんだ。

 「ライジンオー」の日向仁役、サトシ役を務める「ポケットモンスター」でも共演した松本梨香は「梁田くん。なんのしがらみもなく付き合えた…。「梨香はさぁ~、それでいいんだよ、オレは好きだな」いつもぶっきらぼうに背中を押してくれた熱くて真っ直ぐな人。いい仲間が旅立ってしまいました。心よりご冥福をお祈りします。あなたと出会えた作品ライジンオー「コラー!仁~!」がきこえます」と故人の思い出を挙げた。

 「コードギアス」C.C.(シーツー)役のゆかなは「梁田清之さん 私がはじめて主役を任せていただいた作品で私のキャラクターの憧れの人を演じておられました それからも折にふれ…そしてコードギアスでも長く関わらせていただいておりました ほんとうに ありがとうございました」と感謝をつづった。

 ほかにも多くの声優が、真殿のツイートを受けたツイートを投稿。その死を悼んだ。

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース