幻のアニメ「らんぽう」37年経て初ソフト化 原作者の内崎まさとし氏「当時は必死に描いておりました」|よろず〜ニュース

幻のアニメ「らんぽう」37年経て初ソフト化 原作者の内崎まさとし氏「当時は必死に描いておりました」

山本 鋼平 山本 鋼平
アニメ「らんぽう」コレクターズDVDのジャケット
アニメ「らんぽう」コレクターズDVDのジャケット

 テレビ地上波のゴールデンタイムに放送されながら、VHS化もされなかった〝幻のアニメ〟が、初めてソフト化される。1984年のフジテレビ系アニメ「らんぽう」DVDが12月24日に発売される。原作漫画作者の内崎まさとし氏、リリース元に話を聞いた。

 原作は1978年から87年まで、「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)で連載されたギャグ漫画。64歳になった内崎氏は現在、故郷の宮城県仙台市の専門学校で講師を務める。

 待望のソフト化を「大変喜んでおります。自分でもビデオで録画していたのですが、もう見れなくなっていたので購入したいと思っております。ありがとうございます」と感慨深げに語った。当時を「連載を始めたのは、二十歳そこそこ。しかも漫画を描く基本も分からず必死に描いておりました。今思うと、本当に何も知らず描いていたのだと、少し怖い感じもします。今は逆に教える側におりますが、勉強することもまだまだ多いと思っております」と振り返った。

 学生と接しながら、自身の創作活動にも向き合う。「現在二つの学校で漫画やイラスト、デザインの講師をしております。今は漫画ではなく油絵などを描くことが趣味となっております。のんびりやっております」と穏やかに語った。

 DVDの発売元ベストフィールド、販売元のTCエンタテインメントにとっても、思い入れを込めて世に送り出す作品だ。毎週木曜午後7時から放送されていた同作品に関し「これまでVHS化もされていない貴重な作品であり、当時は後番組の『北斗の拳』が大ヒットしたため、これまでアニメ作品としてあまり語られてこなかった感がありますが、当時は『週刊少年チャンピオン』に約9年間連載された大人気漫画のアニメ化ということで、知名度も抜群でした。弊社(ベストフィールド)宛にソフト化のリクエストも多く、リアルタイムで漫画を読み、アニメを見ていた人たちが年齢的にも弊社のファン層と合致している作品であることから、権利元のNAS さんにご相談し発売を決めました」と経緯を語った。

 現在の地上波子供番組にはない“ぶっ飛んだ”魅力を持つ同作。学校や街を舞台にする設定は定番だが、型破りが連続するストーリー。声優陣では主人公らんぽうを「となりのトトロ」のメイ役としても知られる坂本千夏が、チュー太郎を「ONE PIECE」のルフィなど人気キャラクター役を多数務めた田中真弓が熱演。ロック調のオープニング曲「ワープボーイ」では、坂本千夏が声優ソング史に残るシャウトを披露している。「美少女、美少年要素も散りばめられている印象もあり、それまでの単なるギャグアニメとは違った新しい試みも制作サイドにあったのではないかと感じます」と、その魅力を述べた。

 同社では「チャージマン研」「樫の木モック」「ジャングルの王者ターちゃん」「超者ライディーン」「The♥かぼちゃワイン」、「黄金バット」「忍風カムイ外伝」など、コアなアニメファンの心を揺さぶる作品群が並ぶ。「アニメーションに限らず、今となっては埋もれている名作を発掘してお茶の間にお届けするのが、弊社のラインナップの特徴です。みんな大好きだったあのドラマ、心弾ませたアニメが今ここに甦る!というようなコンセプトで企画しております」と理念を説明。「昭和の時代のテレビ番組は、関係者の熱意が伝わってくる作品が多く、今見ても色あせない優れた作品が多くあります。弊社のファン層は、テレビ隆盛期にアニメやドラマを夢中になって観ていた世代が多いので、その方々に寄り添い企画していきたいと考えております」と今後の決意を語った。

 ◆らんぽう コレクターズDVD【想い出のアニメライブラリー 第127集】2021年12月24日発売、価格:¥22,000(税込)、(C)内崎まさとし/秋田書店・NAS、発売元:株式会社べストフィールド、販売元:TCエンタテインメント株式会社

おすすめニュース

気になるキーワード

新着ニュース