アイリーン・キャラさん死因 高血圧と高コレステロールだった 映画『フラッシュダンス』主題歌

海外エンタメ 海外エンタメ
 アイリーン・キャラさん
 アイリーン・キャラさん

 歌手アイリーン・キャラさんの死因が高血圧と高コレステロールだったことが分かった。映画『フラッシュダンス』や『フェーム』の主題歌で知られるアイリーンさんは昨年11月フロリダの自宅で亡くなっているのが発見、63歳だった。

 死因は高血圧とアテローム性動脈硬化で、ピネラス郡の医療専門家らによって糖尿病も見つかったことをTMZが伝えている。

 アイリーンさんの死亡当時、広報担当のジュディス・ムース氏はツイッターにこう綴っていた。「彼女の家族を代表して、深い悲しみと共に、アイリーン・キャラが亡くなったことを発表いたします。現在死因は不明で、情報が届き次第お知らせさせていただきます」「アイリーンの家族は悲しみの中にあるのでプライバシーへの配慮をお願いします。彼女は美しく才能の魂でした。その栄光は彼女の音楽、映画を通して永遠に生き長らえることでしょう。葬儀は現在未定で、ファンの方々のための追悼イベントが予定されています」

 アイリーンさんはブロードウェイやオフブロードウェイでのミュージカルに多数出演後、1980年の映画『フェーム』にココ・ヘルナンデス役で出演、ニューヨークのパフォーミングアーツの学校に通う学生グループの中心の1人を演じていた。

 同作の中で『フェーム』を歌いながらニューヨークのストリートを歩く姿が印象的だったアイリーンさん、その3年後に『フラッシュダンス』の主題歌『フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング』でアカデミー賞とグラミー賞を受賞する。ニューヨーク出身のアイリーンさんは死の直前まであるプロジェクトを手掛けていたそうで、マネージャーがその仕事を引き継ぐ予定だ。

気になるキーワード

新着ニュース